• ホーム
  • マヌカハニー
  • マルチフロールハニー
  • クローバーハニー
  • ギフトセット
  • 定期購入
  • お問い合わせ
 

マヌカハニーとは


マヌカハニーのある朝食


マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するマヌカの木の花から採れる特別な活性パワーを持った蜂蜜です。



通常のはちみつと異なるのは、天然はちみつには過酸化水素という殺菌成分が含まれていますが、マヌカハニーにはもう一つの殺菌成分である食品メチルグリオキサールが含まれているからです。

マヌカは、ニュージーランドに自生している野生の フトモモ科の低木です。

マヌカの花

古来より 先住民のマオリ族は”癒しの木”と呼んで、マヌカの葉を煎じて飲用したり、外傷対策として使用してきましたが、2008年にはカナダ・オタワ大学のジョセフ博士の研究で副鼻腔炎を起こす細菌がつくるバイオフィルムに対し、マヌカハニーは一般的な抗生物質より高い殺菌作用を示したと発表され、さらにニュージーランド ワイカト大学のピーターモラン博士によって、医学的な有用性について多くの研究結果が発表され注目を集めるようになりました。

モラン博士の研究では、マヌカハニーの抗菌性について創傷や眼科疾患、黄色ブドウ球菌、ピロリ菌、サルモネラ菌、抗炎症、抗酸化に対する有効性が示されています。

ピロリ菌は胃の表層粘膜に生息している細菌。ピロリ菌は発見された当時は強酸性の胃の中に細菌が生息していることがなかなか信じられなかったようですが、感染すると胃に炎症を起こす他胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんの原因にもなることがわかってきました。

日本では、上下水道が整備されていない戦後の時代に生まれ育った団塊の世代以前の人のピロリ感染率は約80%前後と高く、病院では抗生物質で治療する方法が取られます。しかし抗生物質を投与したことによる下痢、味覚異常、肝機能異常といった副作用に抵抗を覚える人も多いのは事実です。マヌカハニーは食品ですので、体に負担をかけずに除菌できるとして注目されています。


そして1982年には、モラン博士によってマヌカハニー特有の抗菌性をユニーク・マヌカ・ファクター(UMF)と名づけられ、消毒液であるフェノール水溶液の抗菌性と比較して抗菌力をランクで表されるようになったのです。

UMF10+の場合は、フェノール消毒液10%濃度と等しいということです。皮膚の消毒に使用されるフェノール水溶液の濃度が1.5%〜2%濃度のため、それと比較し5倍の抗菌力があることを示しています。

このマヌカハニーの検査方法を標準化するためにUMFHA(UMFハニー協会)が設立され、監査を行っています。クオリティの高いはちみつが製造できる限られたメーカーにUMFのライセンスが与えられ、さらにUMFHAの定めた厳しい検査基準に合格したマヌカハニーのボトルだけにUMFのロゴ表記が認められます。

公平性を保つために出荷前のみならず市場に出回った商品の抜き取り検査をするのも大きな特徴です。

UMFHAのロゴ

しかし、UMF10+以上のマヌカハニーは全生産量のうちのたった10%程度といわれています。近年気候変動などの影響もありマヌカハニーの収穫量自体が激減。高ランクマヌカハニーも採取しにくくなっていることや、世界的に需要が増大し入手は大変困難になってきています。

有用性のあるマヌカハニーをお求めならば、UMFHA認定のUMF表示のあるマヌカハニーをお薦めいたします。ニュージーランド本国でも一番広く知られているのはUMFでのランク付けです。



GOLDEN FIELDとは