• ホーム
  • マヌカハニー
  • マルチフロールハニー
  • クローバーハニー
  • ギフトセット
  • 定期購入
  • お問い合わせ
 

マヌカハニーの優れた抗菌性

ニュージーランド ワイカト大学のピーターモラン博士は、はちみつの医学的な有用性について多くの研究結果を発表しています。中でも有名になったのはマヌカハニーの抗菌性の研究結果です。一般的なはちみつにはない抗菌性を発見し、その特有の抗菌性をユニーク・マヌカ・ファクター(UMF)と名づけ、消毒液であるフェノール水溶液の抗菌性と比較して抗菌力をランク付けしました。

UMF10+の場合は、フェノール消毒液10%濃度と等しい抗菌性があるということです。皮膚の消毒に使用されるフェノール水溶液の濃度が1.5%~2%濃度のため、それと比較し5倍の抗菌力があることを示しています。

モラン博士の研究では、創傷や眼科疾患、黄色ブドウ球菌、ピロリ菌、サルモネラ菌、抗炎症、抗酸化に対する有効性が示されています。例えばピロリ菌は胃の表層粘膜に生息している細菌。感染すると胃に炎症を起こす他胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんの原因とも言われています。

マヌカハニーは食品ですので、体に負担をかけずに健康的な体を維持出来るとして注目されています。

はちみつの有用性

イギリスには、はちみつの歴史は人類の歴史という言葉があるほど、はちみつは昔から生活に密接した食材でした。


はちみつに含まれる糖質や豊富なミネラルやビタミンは即効性のエネルギー源としてだけでなく、医薬的にも用いられて珍重されてきました。

古代エジプトでは、はちみつが薬として用いられてきたことがパピルスに記載されていますし、強い防腐効果を利用してミイラがつくられています。
また、古代ギリシャの西洋医学の父であるヒポクラテスは、はちみつを使用して病気の治癒を行っていますし、古代中国でも最古のや薬物書を記した神農は、はちみつは飢えをしのぎ多くの病を除くとしています。

近年、その医学的な有用性に対し、検証をした様々な研究結果が報告されています。
ドイツの医師シャハトは疾患をはちみつで治癒したと発表、アメリカのケベック博士は胃潰瘍や十二指腸潰瘍への有効性を発表、ルーマニアの学者スタンボリューは肝臓疾患への有用性を発表、デンマークの医師ラーセンは、泥酔者の回復にはちみつが有効であると発表、インドのズブラーマンヤム博士はやけどの治療にはちみつが有効であると発表、ニュージーランドのピーターモラン博士は口腔や胃腸の疾患に対しはちみつが有効であるとするなど、多くの研究結果が報告されているのです。

西洋医学では抗生物質が誕生以来民間療法は徐々に廃れていきましたが、現代でもはちみつはヨーロッパやニュージーランドでは病院や薬局で医薬としての使用が認められており、自然由来のものが見直される中、はちみつの有用性は世界的にも再度着目されています。


蜜蜂の一生

はちみつを採取する蜜蜂は、羽化して1日目から働き蜂として生きていきます。


働き蜂は実はすべてメス。はじめは巣の清掃、成長するに従い女王蜂の給餌や幼虫の世話、その後巣づくりやはちみつの貯蔵の仕事などを経てやっと外勤蜂としてはちみつと花粉を採取するようになり巣の外に飛び立っていきます。

蜜蜂の一生は約1月程度しかありません。蜜を採取するようになるそのころには、すでに人間でいう中高年になっているのです。
そして蜜蜂が一生をかけて集めてくる蜜はたったスプーン1さじ程度です。

私たちはその貴重なはちみつを分けてもらっています。1さじ1さじを大切に味わいたいものです。




はちみつの栄養

はちみつの成分で特徴的なのは高い糖質です。糖質は炭水化物とも呼ばれ私たちにとって重要なエネルギー源です。はちみつの糖質は、砂糖とは異なりミツバチがはちみつを作る過程でショ糖を果糖とブドウ糖に分解しています。

砂糖などの糖質であるショ糖を利用するためには体内で酵素による分解が必要ですが、はちみつは既にこれ以上分解しなくていい単糖類に分解されているため吸収が早く、即効性のエネルギー源となります。

さらにはちみつにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。中でも皮膚や粘膜を正常に保つビタミンB群、高い抗酸化作用を持つビタミンC、皮膚や神経を健康に保つナイアシン、細胞の生まれ変わりを助けるなど妊娠や授乳期にも必要とされる葉酸、丈夫な歯や骨をつくるカルシウム、細胞の浸透圧を一定に保つナトリウム、血圧を下げる作用のあるカリウム、エネルギーやたんぱく質の生成に欠かせないマグネシウム、細胞分裂など成長を支える亜鉛や赤血球をつくるヘモグロビン生成に欠かせない鉄など多くのミネラルを豊富に含んでいます。


はちみつの規格

はちみつはCodex(国連の専門機関であるFAOと世界保健機関WHOによる合同設立)によって、国際規格が定められています。それには、「はちみつとは植物の花蜜、植物の正組織上からの分泌物、または植物の汁液を吸う昆虫が排出する物資から西洋ミツバチが作り出す天然の甘味物質であってミツバチが集め、ミツバチがもつ特殊な物質による化合で変化させ、貯蔵し、脱水し、巣の中で熟成のためにおいておかれたものである」とされています。

一方日本の規約として全国はちみつ公正取引協議会が定めているのは「はちみつ類」に関するもの。人工的に精製して糖質だけを利用するため栄養価が抜けてしまった精製はちみつや、40%も水飴やコーンスターチなどを加えた安価な加糖はちみつも、天然はちみつと同列に扱っています

そのため、100%天然のはちみつをお求めの場合は、表示をよく確認のうえ購入されることをお勧めいたします。

はちみつ美容法

はちみつには様々な活用方法がありますが、はちみつの簡単な美容法をご紹介します。


お風呂に入った時、クレンジングや洗顔後軽くタオルで水分を拭いた清潔な肌に、はちみつを塗ってパックをするだけです!

湯船につかり半身浴をしながら数分おいて、その後洗い流すと肌がぷりぷりに。

洗顔やリンスに少し垂らして使用してもしっとり感が増します。

蜂蜜には水分を閉じ込め蒸発させない作用や自然のピーリング効果が期待できます。また、マヌカハニーには特有の抗菌力があり、ある大学病院では擦傷などにはそのままマヌカを塗って治癒を促しているとTVで紹介されました。

(※お肌の弱い方は少量でお試しになり、合わなければ控えてください。特に季節の変わり目は肌が敏感になっている可能性もありますので、まず少量で試してみて下さい)

喉のイガイガに大根はちみつ

空気が乾燥する季節、風邪の初期症状でもある、嫌な喉のイガイガを感じ始めた時におススメなのが大根はちみつです。

はちみつ自体、古くは紀元前より体力を回復させたり殺菌作用を持つ神秘的な食べ物として医薬的に用いられてきました。
また、近代では長寿で一躍有名になった、アメリカのバーモント州の健康療法である「バーモント民間療法」にも、はちみつが咳止めに効果的であるとされています。

はちみつで大根を漬けると、大根からビタミンA、C、スルフォラファンという物質が溶け出し、この抽出液を飲むと体内の活性酸素を抑えたり、有害物質を排出してくれます。


大根はちみつ
1、皮付きの大根を薄くいちょう切りにします。

2、切った大根をタッパーなどに入れて、上からはちみつをひたひたになるくらいにかけます。

3、数時間で大根から抽出液が出て、はちみつがシャバシャバになったら出来上がり。

※長期保存はできませんので、1~2日内に飲み切れる量をおつくりください。

漬けこんだ後の大根も酢の物の具として利用できます。

はちみつの力

はちみつは、現代のように甘味料としてではなく薬効を備えた特別な食べ物として珍重された歴史があります。

古くは古代エジプトの医薬に関するパピルスに、はちみつを飲み薬や軟膏として使用したことが記されていますし、西洋医学の父である古代ギリシャのヒポクラテスが、はちみつを使用して病気の治癒を行っていたことは有名です。

近代ではその有用性を科学的に解明した研究結果が多く発表されています。

ニュージーランドのワイカト大学のピーターモラン博士は、はちみつの効能について多くの研究結果を発表しています。中でもマヌカハニーは、抗炎症・抗酸化作用、ピロリ菌、潰瘍や腫瘍への効能、虫歯菌への耐性など様々な疾患に対する抗菌性の高さが優れていると発表されてからはマヌカハニーの人気が急騰しています。

現代でもはちみつはヨーロッパやニュージーランドでは病院や薬局で医薬としての使用が認められている程です。

抗生物質とは異なりますので、穏やかに毎日の健康を維持してくれるのも魅力の一つですね。


夏のおなかの健康維持

夏になるとなぜかお通じが悪くなると感じられている方がおられるようです。


それは脱水と冷えによる要因かもしれません。
夏暑いと体は温度調整のために汗をかくことによって体温を下げますがその際大量の水分が体から失われます。
そのため、お通じをよくするために必要な水分も奪われてしまうことで出にくくなってしまいます。

さらにそれに追い打ちをかけるのが長時間の冷房です。冷房ににあたることで体が冷え、血流が悪くなりお腹の機能が衰えてますますお通じが悪くなってしまいます。

対策は、体を必要以上に冷やしすぎないことと、失われた水分を補給することです。
それに加えて、お腹に優しいはちみつをプラスして摂取してみてください。


はちみつに含まれる有機酸は腸内環境の維持に効果的です。
乳酸菌たっぷりのヨーグルトとも相性は抜群。
冷えが気になる時はホットミルクや白湯に溶かして飲んでも体を温めてくれますよ。

マヌカハニーのある朝食





冬の高血圧に

生活習慣病の中でも多く見られるのが高血圧症ですが、特に冬は血圧が高くなります。


冬の寒さによって血管が熱の発散を防ぐために収縮して血圧が高くなるのです。また年末年始から年度末にかけては外食をしたり歓送迎会などが続き、豪華な食事をする機会も多いかと思いますが、塩分濃度の高い食事を摂ることも血圧を上げる一因になります。

マヌカハニーなど、はちみつには比較的多くのカリウムが含まれていますので、降圧作用により塩分を排出して血圧を下げる働きがあります。(※はちみつの果糖は血糖値の急激な上昇を抑えますが、過剰摂取は逆効果ですので適量をお召し上りください。)

冬が旬の柑橘類も同様の作用がありますので、一緒に召し上がるとよいでしょう。




はちみつの保存方法

はちみつは常温保管で大丈夫です。

はちみつは正しい保存方法をすると腐りません。
当店が取り扱っているはちみつの賞味期限は5年ですが、それを過ぎたからと言って風味が少し変わる程度で食べられなくなるわけではありません。

これは、はちみつの糖が高濃度でかつ水分量は極端にすくないことや、強い殺菌性や防腐性があるためです。

さらにマヌカハニーは、ほかのはちみつより強い殺菌成分を保有しているため、抗バクテリア性も高くなります。
NZのピーターモラン博士の研究により、ピロリ菌への耐性や、サルモネラ菌、胃潰瘍や腫瘍に対する耐菌性や抗炎症作用があることも有名です。


年中通した保管方法ですが、しっかり蓋をしめ、高温になる場所・直射日光を避けて常温で保管します。

そして、召し上がる際はそのたびに清潔なスプーンですくいパンくずなどほかの食品が入らないようにお気を付けいただくと、最後まで美味しく清潔に召し上がっていただけます。

はちみつの食卓

春のイガイガむずむずに

この時期アレルギーの多い杉やひのきなどの花粉の飛散量は、2月末から4月にかけてピークを迎えます。これらの花粉が体内に入ると抗体スイッチが入り、くしゃみや鼻水などをだして排除しようとしますが、アレルギー反応によって過剰になってしまうのが花粉症です。

花粉症の対策として、まずは花粉を浴びない、家に持ち込まないことが重要です。また、日頃から免疫機能の高い腸内環境を整えることで、花粉への過剰な拒否反応を和らげることもできるそうです。


腸は全身の約60%もの免疫システムを担っているため、腸を健康に保つことが、免疫力強化に繋がるといえます。はちみつにはビフィズス菌の餌である、オリゴ糖とグルコン酸が含まれており腸内環境を整えてくれるほか、つらい喉のイガイガを和らげる働きもあります。腸内環境を整えるビフィズス菌の入ったヨーグルトと一緒に摂取されるのもおススメです。

秋の健康対策

季節は秋からだんだん冬へと近づくと、私たちの体も自律神経がバランスを取りながら季節の変化に適応しようとしています。しかし、季節の変わり目は急激な温度変化もあり、そんな時体がついていけず、何かと不調が出やすくなります。

こんな不安定な時期を健康的に過ごすためには、体を温めてゆっくり気持ちを穏やかに保つ時間を持ちたいものです。そして体力を回復させる為にもエネルギー源になる炭水化物・脂質・たんぱく質と、ビタミン・ミネラルをバランスよく取ることが大切です。

夜はぬるめのお湯につかって体を温めて自律神経を整えます。眠りにつく1時間程度前に軽いストレッチをプラスするのも寝つきが良くなります。


そして就寝前のはちみつ入りホットミルクはいかがですか。牛乳に含まれるトリプトファンがはちみつによって吸収されやすくなり、ストレスを緩和したり心を穏やかに保つ物質であるセロトニンの分泌を助けてくれます。



冬の免疫力アップに

年末年始に本格化して注意が必要なのがインフルエンザなどの感染症です。


この時期は人と会うことも多く接触感染や空気感染が懸念されますので外出後や食事の前にはしっかり手洗いをして感染予防を。

また、日頃から免疫力アップのために十分な睡眠をとってバランスの良い食事でビタミンやミネラルをしっかり摂取したいものです。

たんぱく質(魚・肉・卵)やビタミン(特にビタミンC豊富なミカンやビタミンAが豊富なブロッコリー、ホウレンソウ、ニンジンなどの緑黄色野菜)、ミネラル類(特に亜鉛が豊富な大豆製品やレバーなど)は免疫細胞を生産したり活動を活性化してくれるそうです。

また、体内の免疫力の約半数以上を担う腸を整える発酵食品も摂取してみてはいかがでしょうか。


はちみつにはタンパク質やビタミン類が豊富に含まれていますし、乾燥して喉が痛くてつらいときや、風邪で口内炎が出来てしまった時にも活躍してくれますよ。

ページトップへ