• ホーム
  • マヌカハニー
  • マルチフロールハニー
  • クローバーハニー
  • ギフトセット
  • 定期購入
  • お問い合わせ
 

遮光PETボトル入りが良い理由

マヌカハニーには、特別な活性力があります。

熱にも強く、紅茶やコーヒーに入れてもその活性力は落ちません。

しかし、はちみつ自体の特性として直射日光には弱く活性力が奪われ、また栄養価の低下と風味の変化が起こってしまいます。

そのため、AENAマヌカハニーは、直射日光を避けるため遮光性のPETボトルを採用しています。

透明瓶などで販売されているメーカー様もございますが本来のUMFマヌカハニーの力を存分に味わっていただくための保存容器としては、遮光タイプボトルをおススメしております


遮光性のPETボトルに関しては現在では様々なマヌカハニー販売店様がその有効性をWEBサイトに記載されるようになっておりますが、当店開業当時はその点について言及されたWEBサイトは当店以外見かけませんでした。


その点に関心を持ったのは、Depreの店長が化粧品の企画に携わり、パッケージの選定に関しての経験があるためです。商品の品質保持については容器が大きな影響を与えます。

日本ではガラス瓶や透明のPETボトルに入った中身の見栄えの良いはちみつがメジャーです。NZのマヌカハニーが採用しいる遮光性の茶色のボトルは、決してはちみつの見栄えが良いとは言えませんが、中身の品質を守るためには適しているボトルであるといえます。


ガラス瓶で販売されているメーカーもございますが、品質保持を目的とするなら、遮光性の茶色ガラス瓶を採用されるべきでしょう。



マヌカハニーの賞味期限

ページトップへ