• ホーム
  • マヌカハニー
  • マルチフロールハニー
  • クローバーハニー
  • ギフトセット
  • 定期購入
  • お問い合わせ
 

はちみつの有用性

イギリスには、はちみつの歴史は人類の歴史という言葉があるほど、はちみつは昔から生活に密接した食材でした。

はちみつに含まれる糖質や豊富なミネラルやビタミンは即効性のエネルギー源としてだけでなく、医薬的にも用いられて珍重されてきました。

古代エジプトでは、はちみつが薬として用いられてきたことがパピルスに記載されていますし、強い防腐効果を利用してミイラがつくられています。
また、古代ギリシャの西洋医学の父であるヒポクラテスは、はちみつを使用して病気の治癒を行っていますし、古代中国でも最古のや薬物書を記した神農は、はちみつは飢えをしのぎ多くの病を除くとしています。

近年、その医学的な有用性に対し、検証をした様々な研究結果が報告されています。
ドイツの医師シャハトは疾患をはちみつで治癒したと発表、アメリカのケベック博士は胃潰瘍や十二指腸潰瘍への有効性を発表、ルーマニアの学者スタンボリューは肝臓疾患への有用性を発表、デンマークの医師ラーセンは、泥酔者の回復にはちみつが有効であると発表、インドのズブラーマンヤム博士はやけどの治療にはちみつが有効であると発表、ニュージーランドのピーターモラン博士は口腔や胃腸の疾患に対しはちみつが有効であるとするなど、多くの研究結果が報告されているのです。

西洋医学では抗生物質が誕生以来民間療法は徐々に廃れていきましたが、現代でもはちみつはヨーロッパやニュージーランドでは病院や薬局で医薬としての使用が認められており、自然由来のものが見直される中、はちみつの有用性は世界的にも再度着目されています。


ページトップへ